地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、鎌倉の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

鎌倉の地域情報サイト「まいぷれ」鎌倉市

新型コロナウイルス感染症について

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症について

目次

冬の新型コロナ対策・発熱時の行動フロー

今冬においては、新型コロナと季節性インフルエンザの同時流行により、これまで以上の患者の発生や発熱外来のひっ迫が強く懸念されています。一人ひとりが万全の備え(ワクチン接種での感染予防、抗原定性検査キットや解熱剤などの備蓄)をしておくとともに、発熱時等の行動フローを確認しておきましょう。

神奈川県ホームページ「冬の新型コロナ対策・発熱時の行動フロー」( 外部サイトへリンク )

 神奈川県内患者等数について

感染症法施行規則の改正に基づき、令和4年9月26日から、新型コロナの発生届の対象が65才以上の方、入院を要する方などに限定されました。神奈川県の記者発表内容も変更となり、従来まであった居住地別の患者数が公表されなくなりました。

今後は、神奈川県内患者(陽性者)等の発生状況につきましては、神奈川県ホームページ( 外部サイトへリンク )をご確認ください。

 

累積陽性者数(令和4年9月26日発表分まで)

鎌倉保健福祉事務所が発生届を受理した件数

 

49,200

鎌倉市内居住者

22,740

 

鎌倉保健福祉事務所管内の陽性者確認状況について(令和4年9月26日発表分まで)

 

神奈川県内の状況等について

  • 神奈川県内の最新感染動向や人口流動分析

国内の状況等について

  • 地域ごとのまん延の状況に関する指標等

 

その他市から発信している新型コロナウイルスに関連するページはこちらにまとめています。

 マスクの着用の考え方及び就学前児の取扱いについて

令和4年5月20日に、厚生労働省「マスク着用の考え方及び就学前児の取扱い」により、「マスク着用を推奨する場合」および「マスク着用が不要な場合」が示されました。基本的な感染対策としてのマスク着用はこれまでと同様に行いながら、状況に応じたマスクの着脱をお願いします。

マスク着用の考え方及び就学前児の取扱い( 外部サイトへリンク )

検査の結果、陽性になった場合の対応について(無症状・軽症の方)

無症状・軽症の方の療養について、「自宅・宿泊療養のおおまかな流れ」や「自宅・宿泊療養のしおり」等が神奈川県ホームページに掲載されておりますのでご参考ください。

無症状・軽症の方の療養について( 外部サイトへリンク )

自宅・宿泊施設療養のおおまかな流れ( 外部サイトへリンク )

陽性となった方への対応につきましては、神奈川県の所管となります。市民の皆様からご質問をいただくことが多い内容につきまして、該当する神奈川県ホームページをご案内いたします。

宿泊療養・自宅療養者に係る医療費公費負担について( 外部サイトへリンク )

濃厚接触者の待機期間について( 外部サイトへリンク )

濃厚接触者である同居家族等の待機期間について( 外部サイトへリンク )

宿泊・自宅療養証明書(新型コロナウイルス感染症専用)について( 外部サイトへリンク )

宿泊療養施設及び自宅待機の無症状、軽症の方向け こころの悩み電話相談、生活支援総合相談窓口 ( 外部サイトへリンク )

新型コロナ陽性者登録窓口について

神奈川県在住の方で、医療機関を受診し新型コロナウイルス陽性と診断された方で発生届が出されなかった方又は市販の抗原検査キットやPCR検査センター等で陽性と判定された方は、新型コロナウイルス陽性者として登録することで、療養支援を受けることができます。届出制度のご対象となる方や届出方法等詳細につきましては、神奈川県ホームページを御覧ください。

新型コロナ 陽性者登録窓口について( 外部サイトへリンク )

抗原検査キットを無駄なく使うために

ご自身で抗原検査キットを使用して検査する場合、発症前や発症直後に検査をしても、ウイルス抗原の検出量が少なく、正しい判定ができません。

抗原検査キットで検査する場合には、発症前や発症直後ではなく、

  • 発症から少なくとも8~12時間
  • できれば発症から1日程度待ってから

使用してください。

詳細はこちらをご覧ください。(PDF:322KB)

関連リンク:今後の感染拡大に備えて準備をお願いします

罹患後症状について

新型コロナウイルス感染症に感染し快復された方の中で、倦怠感や味覚障害、頭痛、呼吸苦などの症状が一定程度続く方がいらっしゃることが分かっています。現段階では原因は分かっておらず、標準化された診療やケアの手順がないのが現状です。神奈川県内の罹患後症状への対応医療機関については、神奈川県ホームページに掲載されています。

新型コロナウイルス感染症の罹患後症状について( 外部サイトへリンク )

新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(いわゆる後遺症)に関するQ&A( 外部サイトへリンク )

 検査無料化事業について

神奈川県が、新型コロナウイルス感染症対策と日常生活の回復の両立を図るため、無料検査を実施しています。(検査の流れ等、詳細につきましては神奈川県ホームページをご覧ください)

神奈川県ホームページ「検査無料化事業について」( 外部サイトへリンク )

検査結果が「陰性」の場合でも、感染している可能性を否定するものではありません。引き続き、マスク着用、手指消毒、3密の回避、換気等の感染対策を徹底していただくようにお願いいたします。

検査結果が陽性の場合、必ずかかりつけの医療機関を受診するか、受診できる医療機関がわからない場合は、神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル(電話0570-056774)にご相談ください。移動の際は、周囲に感染させないようマスクを着用し、公共交通機関を避けてください。

 医療用抗原検査キットが購入できる薬局について

医療用抗原検査キットが購入できる薬局については、神奈川県ホームページから検索可能です。

神奈川県ホームページ 抗原検査キット関連ページ( 外部サイトへリンク )

 市民の皆様へ1.~体調がすぐれないときには~

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
  • 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
  • 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずはかかりつけ医等に電話でご相談ください。

発熱などの症状があり、受診をご希望される方は

かかりつけ医をお持ちの場合

事前に電話でご相談の上、受診してください。

かかりつけ医をお持ちでない場合

妊婦の方へ

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めにかかりつけ医や新型コロナウイルス感染症専用ダイヤルにご相談ください。

お子様をお持ちの方へ

小児については、小児科医による診察が望ましく、かかりつけ小児医療機関や新型コロナウイルス感染症専用ダイヤルに電話などでご相談ください。

オンライン診療、電話や情報通信機器を用いた診療を実施している医療機関

オンライン診療、電話や情報通信機器を用いた診療を実施している医療機関の活用もご検討ください。

自費検査を提供する検査機関一覧

 市民の皆様へ2.~一般的なご相談に関する専用ダイヤル~

体調に関する不安や相談したいこと、新型コロナウイルスに関するご質問などがあれば、次のいずれかの専用ダイヤルをご利用ください。

新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談(コールセンター)

電話0120-565653(フリーダイヤル)/ファクシミリ03-3595-2756
受付時間9時~21時まで

 新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル(神奈川県)

電話0570-056774
受付時間24時間

メール(ページ下段問い合わせフォーム(外部サイトへリンク))やファクシミリ(045-633-3770)でのご相談も受け付けています。

 市民の皆様へ3.~感染拡大を防ぐためにできること~(家庭内感染も含む)

家庭内でできる感染予防法について

感染予防の基本

  • 換気が何よりも大切です。

重ね着をして暖かくするなどの工夫をしながら、定期的な換気を心がけましょう。

  • こまめに手を洗いましょう。アルコール消毒をしましょう。

洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにしてください。

  • 咳やくしゃみが出るときは、ハンカチやひじなどで口を覆いましょう。

接触感染を防ぐため、手を使わないようにしましょう。

さらにご注意いただきたいこと

  • 食べ物や飲み物、食器の共用は避けましょう。

大皿で食べず、あらかじめ小皿で小分けにしましょう。

  • タオルや歯磨き粉などの共有を避けましょう。
  • 共有部分(ドアの取っ手、ノブ、手すりなど)は、アルコール消毒液又は薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしましょう。
  • トイレや洗面所は、通常の家庭用洗剤ですすぎ、家庭用消毒剤でこまめに消毒しましょう。

体調が悪い時は

  • 部屋を分けましょう。

個室にしましょう。食事や寝るときも別室としてください。ご本人は極力部屋から出ないようにしましょう。

  • 体調が優れない方のお世話はできるだけ限られた方にしましょう。
  • マスクをつけましょう。

使用したマスクは他の部屋に持ち出さないでください。マスクの表面には触れないようにしてください。マスクを外した後は必ず石鹸で手を洗いましょう。

  • 汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう。

体液で汚れた衣服、リネンを取り扱う際は、手袋とマスクをつけ、一般的な家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かしてください。

  • ごみは密閉して捨てましょう。

鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、室外に出すときは密閉して捨ててください。その後は直ちに石鹸で手を洗いましょう。

  • ご家族、同居されている方も熱を測るなど、健康観察をし、不要不急の外出は避け、特に咳や発熱などの症状があるときには、職場などに行かないでください。

 感染予防のためにできること

手洗い・うがいを徹底しましょう

定期的に換気をしましょう

マスクは正しく装着しましょう

マスクはその素材により、効果に違いがあります。一般的なマスクでは、不織布マスクが最も高い効果を持ちます。次に布マスク、その次にウレタンマスクの順に効果があります。同じ素材のマスクの間でも、自分の顔にぴったりとフィットしているマスクを選ぶことが重要です。また、感染リスクが高まる場面として、マスクを外す瞬間に注意が必要です。マスクなしでの会話、共同生活、休憩室など居場所の切り替わりの際にご注意ください。

不要不急の外出はお控えください

正しい情報に基づき落ち着いた行動を

  • 国立感染症研究所がまとめたクラスター事例集
  • 神奈川県の取組みに関する各種情報
  • 厚生労働省からのお知らせ
  • 厚生労働省の新型コロナウイルス対応LINE公式アカウント

新型コロナウイルスの発生状況や予防法などの情報を広く提供するため、「新型コロナウイルス感染症

情報厚生労働省」LINE公式アカウントが開設されています。最新情報の確認、相談にご利用ください。

【登録方法は次の2通りあります】

1.LINEアカウント検索で「新型コロナウイルス感染症情報厚生労働省」と検索し、友達登録する

2.こちらのURLから友だち追加する→https://lin.ee/qZZIxWA

  • 経済産業省からのお知らせ

マスクや消毒液等の状況(外部サイトへリンク)

  • 日本小児科学会からのお知らせ

新型コロナウイルス感染症に関するQ&Aについて(お子さんに関する情報)(外部サイトへリンク)

市民の皆様へ4.~自宅療養される方へ~

鎌倉市では、自宅療養者等への食料支援を行っています。

自宅療養者等への食料配送支援について(日曜日、祝日は配送の関係から対応できません)

在宅酸素療法における火気の取扱いについて( 外部サイトへリンク )

 市民の皆様へ5.~今後の感染拡大に備えてご準備を~

今後の感染拡大に備えて、各家庭でもご準備をお願いします。

詳細はこちら