地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、鎌倉市の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

まいぷれ広場

[告知する] 第9回鎌倉芸術祭参加『小津安二郎映画を聞く音語り|秋刀魚の味』

地図の大きさを変える 閉じる 小さく開く 大きく開く

第9回鎌倉芸術祭参加『小津安二郎映画を聞く音語り|秋刀魚の味』

オンザフィールド  さん

2014/08/13 19:30:42
全てに公開 コメント数(0)

第9回鎌倉芸術祭参加『小津安二郎映画を聞く音語り|秋刀魚の味』 小津安二郎監督と、父・佐田啓二が眠る円覚寺を会場に、鎌倉芸術祭参加作品として、これまでに「晩春」「秋日和」「東京物語」「お早よう」を上演してきた、中井貴惠の音語り公演。

参加第5回目となる今回は、音語り「小津安二郎シリーズ」の5作目であり、小津監督の遺作ともなった「秋刀魚の味」を上演します。

この作品にも、佐田啓二が主人公の兄役として出演しており、「秋日和」「お早よう」に続いて、中井貴惠がその役をどう演じるかも見どころです!

秋の北鎌倉・円覚寺で、朗読(中井貴惠)とピアノ(松本峰明)が織りなす「音語り|秋刀魚の味」をご堪能ください。

第1部では、元小津組プロデューサーであり、映画「秋刀魚の味」の制作にも関わった山内静夫さんと中井貴惠が、撮影当時の貴重なエピソードや小津監督の思い出など、他では聞く事の出来ないトークをお届けします。

< 「秋刀魚の味」のあらすじ >
妻に先立たれた平山は、家事一切を娘の路子に頼っていた。
同窓会に出席した夜、酩酊した恩師を送った彼は、やもめの父の世話に追われ、婚期を逃がした恩師の娘の姿を目の当たりにして、路子の縁談を真剣に考えるようになる…。

終戦から17年が経ち、価値観が大きく変わっていく世の中で老いを迎え、深い孤独を感じながらも、それぞれひたむきに生きる人々の姿を、喜劇的に描き出した、小津安二郎監督最後の作品。


<「音語り」とは>
音楽家とのコラボレーションで上演するのが、朗読公演「音語り」。
映画の出演者はもとより、ナレーション・ト書きまでを一人で演じ分ける上演スタイルで、今までにない朗読公演として高い評価を得ているのが、『小津安二郎監督作品シリーズ』。
幼少のころ、小津監督から孫のように可愛がられていた中井貴惠だからこそ実現したシリーズの、第1作「音語り/晩春」を2009年に上演して以来、毎年新作に取り組み現在は5作品。
全ての作品に、ジャズピアニスト松本峰明が映像的な生演奏で参加し、さらにイメージが広がる仕上がりとなっている。

[開催日]
2014/10/17~2014/10/18
13時開場 14時開演(2部構成・途中15分の休憩あり)

[開催場所]
円覚寺境内「方丈」
神奈川県鎌倉市山ノ内409
北鎌倉・円覚寺境内「方丈」の、特設のステージで上演します。
JR横須賀線北鎌倉駅徒歩5分(円覚寺総門までは駅より徒歩1分)

[料金]
3,800円(全席指定・拝観料含む)

[チケット通販(8/11〜)]
http://otf-webshop.com/

[プレイガイド(8/11〜)]
カンフェティ
http://confetti-web.com/
e+(イープラス)
http://eplus.jp/

[お願い]
円覚寺境内「方丈」の、日本間をお借りした特設会場です。
座席の配置には細心の注意を払っておりますが、建物の構造上、柱や欄間などで舞台がやや見えにくい場合がございます。また、お履物は入口でお渡しする靴袋をご利用頂き、お席までご持参下さい。皆様のご理解とご協力をお願い致します。

[出演]
中井貴惠(朗読)
松元峰明(ピアノ)
山内静夫(トークゲスト・元松竹プロデューサー)

[お問い合わせ先]
株式会社オンザフィールド
050-5525-1493
お問い合せの他、チケットの電話予約も受付ます。
(平日11:00〜18:00)

イベント情報掲載中!

コメントの古い順コメントの新しい順

被ブックマーク数(1)コメント数(0)

コメントする

コメントするにはログインする必要があります。