地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、鎌倉の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

鎌倉の地域情報サイト「まいぷれ」

今日の鎌倉トピック

“一杯のラーメン”に纏わる心温まる今どきの嬉しい話2011/11/16

このコーナーでは、“まいぷれ鎌倉”スタッフがその日にあった面白いことや、ちょっとした小ネタを軽いノリで紹介していきたいと思います。
“東北地方太平洋沖大地震”後の自粛ムード漂う中、疲弊しきっていた鎌倉にも漸く秋の訪れと共に修学旅行や一般観光客が賑わいを見せ始め、市内の観光名称は多くの人で溢れかえっています。そんな賑わいを見せる鎌倉・小町通りの路地をちょっと入ったラーメン店(玄翁)での話です。

中学生の修学旅行と思しき5人が入店しラーメン4つを注文したそうです。

店主は「あれっ、5つじゃないの?」と思ったそうですが、注文通り4つを作り始めた時、何やらカウンター越しに聞こえてきた中学生たちの会話。
耳を傾けて聞いていると俯く1人を取り囲んだ4人の生徒が、

生徒:「お金持っていないからって気にすること無いよ。ドンブリ借りて皆が少しずつ取り分ければ5人分になるんだから。なっ、だからラーメン一緒に食べよう、ここのラーメン美味しそうだぞ。」

生徒:「いいよ僕、今お腹減ってないから大丈夫だってば。僕の事は気にしないで皆な食べて、ここで待ってるから。」

どうも1人の生徒は、元々小遣いを持っていなかったようだ。
事情はさて置き、そんな生徒たちの心温まるやり取りを一部始終聞いていた店主が黙って5人分のラーメンを差し出すと、

生徒:「オジサンすいません、僕たちラーメン4つしか頼んでいないんですけど。」

店主:「おおそうかい、オジサン間違えちゃったな、5人いたもんで5人分作っちゃったよ。」

生徒:「それじゃ食券もう1枚買います。」

店主:「おいおい何言ってんだよオジサンが間違えたんだ、食券なんていらないよ。無駄にしたくないから悪いけど皆で食べて貰えないかな?」

生徒:「えっ、本当ですか?有難うございます。」

満面の笑顔でラーメンを頬張る生徒5人の顔をみながら、店主は心を熱くしたそうで“お前ら良い友達を持ったな”と。

世知辛い世の中で久々に聞いた美しい話、思わず目頭が熱くなりました。
まだまだ、世の中棄てたもんじゃないですね?身近な鎌倉でこんな素敵な話が聞けるとは思ってもいませんでした。今日は、晴れ晴れした気持ちで仕事ができそうです。ラーメン屋オヤジのイキな計らいと中学生の熱い友情に感謝です。
次回より今日の鎌倉トピックは、『まいぷれ鎌倉事務所のニュース』に引っ越します。

これからも何か面白いネタがありましたら『まいぷれ鎌倉事務所のニュース』でどんどん紹介していきたいと思いますので、紹介して欲しいネタがありましたら、是非“まいぷれ鎌倉”事務所(0467-22-0567)までご連絡下さい。