地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、鎌倉の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

鎌倉の地域情報サイト「まいぷれ」

鎌倉地産地消

「楽しく薬膳」シリーズ 第十二回

節電料理。赤軸ほうれん草のサラダ。

特集コンテンツ「鎌倉地産地消」では、鎌倉の野菜、魚といった食材や、お料理・飲み物を紹介していくコーナーです。
特集コンテンツ「鎌倉地産地消」では、鎌倉の野菜、魚といった食材や、お料理・飲み物を紹介していくコーナーです。
まず始めに。
被災した皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興を切に祈っております。
こんな状況の中、被災地から離れた場所に住む自分に何ができるかを色々と考えておりました。
私たちにできることの中のひとつに「節電」があります。
現在、各地で計画停電も行われていることから、なるべく電気・ガスを使わずに調理できるものはないかと考えた結果、鎌倉野菜の「赤軸ほうれん草」を使い、ご家庭に常備されていることも多いツナ缶や玉ねぎを使って作る「赤軸ほうれん草のサラダ」をご紹介したいと思います。
切って和えるだけの簡単なサラダです。
切って和えるだけの簡単なサラダです。
これが赤軸ほうれん草です。<br>アクやえぐみがほとんどなく、生で食べてとてもおいしいほうれん草です。
これが赤軸ほうれん草です。
アクやえぐみがほとんどなく、生で食べてとてもおいしいほうれん草です。
赤軸ほうれん草のサラダ(2人分)
<材料>
赤軸ほうれん草    1/2袋
ツナ缶        1/2~1缶
玉ねぎ        1/2個
マヨネーズ      適量
柚子胡椒       適量

<作り方>
1. 赤軸ほうれん草は4cm長さに切る。
2. 玉ねぎは縦半分に切ってから横(根と平行)に薄くスライスして5分くらい水にさらす。
3. ボールに1.とツナ缶を入れ、マヨネーズ、柚子胡椒を加え、よく和える。
4. 3.を器に盛る。
<ポイント>
火を使わずに作れる、切って和えるだけの簡単サラダです。
柚子胡椒の代わりにわさびや粒マスタードなど、ご自宅にある調味料で色々とアレンジしてみてください。

また、ゆで卵などがある場合は、トッピングしていただいても結構です。より色目がきれいなサラダになると思います
赤軸ほうれん草が手に入らない場合は、サラダほうれん草や水菜などを使って作っていただいてもおいしく作れます。

今回は玉ねぎの辛みをおさえ、口当たりを柔らかくするために横に薄くスライスしました。水にさらす時間が長すぎると玉ねぎに含まれる新陳代謝促進したり、胃の消化を助けてくれたりする「アリシン」が減ってしまいます。あまり長い時間水にさらさないようにして下さい。
 

<薬膳的効能について>
ほうれん草   血を補ったり、「肝」の高ぶりを抑えたりするという働き
玉ねぎ     胃腸の働きを整え、気を巡らすという働き

中医学では、ストレスを多く感じると「血」を消耗すると考え、「血」が少なくなると不安感を強く感じるようになる、不眠といった症状が現れると考えます。
こういった状況の中、色々と制限はあるかと思いますが、「血を補う食材を摂る」、「滞ってしまった気を巡らすような食材を摂る」ということを意識してみてください。



さて、9月から始まりました「楽しく薬膳」シリーズですが、今回で最後になります。
長らくのご愛読、誠にありがとうございました。
「楽しく薬膳」シリーズによって、少しでも鎌倉産の食材や薬膳に興味を持っていただけたら幸いです。なお、著者ブログは、随時更新中です。こちらのコンテンツと合わせてご覧いただけると嬉しいです。

プロフィール
高倉知子 中医薬膳営養師/薬膳料理講師
     「楽しく薬膳」主宰
     ブログ:http://yakuzenblog.jugem.jp/