地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、鎌倉・逗子・葉山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

鎌倉・逗子・葉山の地域情報サイト「まいぷれ」

ふらっとカフェ鎌倉

ふらっとカフェ鎌倉 ボランティア交流会

ありがとうの気持ちをこめて

約20名の方がラ・コクシネルに集まりました

大人限定のふらっとカフェ

2018年7月17日に開催されたふらっとカフェは、ボランティアの方や関係者を招いた大人限定の食事交流会でした。

 

場所は由比ガ浜にあるフレンチレストランのラ・コクシネルさん。いつものようにお店の厨房をお借りして料理を作ってゆく形式ではなく、齋藤穣一シェフがおもてなしをしてくれました!

サラダとジャガイモのソテー

みんなでシェアする形で料理を取り分けました。

カレイのソテーに塩いんげんと小松菜の付け合わせ。

ブルーベリーや爽やかな柑橘系のゼリーなどが入ったデザート。イートン・メス。グラノーラの食感がたまらない♪

どのような想いでボランティアに関わってきたのか

この日は代表の渡邊公子さんや運営スタッフも含めて21名の方が参加しました。

 

参加者の皆さんの声は

『ボランティアという感覚はなく楽しいから参加している』

 

『料理や生活のことなど自然と学べることがたくさんある』

 

『赤ちゃんから高齢者まで一緒の空間で過ごせる』

 

『渡邉さんとの出会いがあり、渡邉さんから元気や希望をもらえる』

 

『後期高齢者の年齢で一人暮らし・孤食の生活を送っていたが、ふらっとカフェという居場所があることがとても嬉しい』

 

『妊婦になって、地域の人と【食】を通して交流する場があることが、これから子育てに入る自分にとって心強い場所』

 

『子育て世代として【子ども食堂】というコンセプトに感心を寄せていたころ、ふらっとカフェの構想を耳にして、参加したいと思っていた。その発起人である渡邉さんと義理の母が以前PTAの役員を一緒にしていたという事実が40年ぶりに分かって、鎌倉という土地ならではの縁の深さを感じた』

などなど。

みなさんのいろいろなライフスタイルからも、『ふらっとカフェ鎌倉』という場の存在が大きくなっているのを感じました。

8月のふらっとカフェの紹介をする渡邊公子代表

ふらっとカフェの役割

開始から1年を過ぎてどのような発展をしているのか。

代表の渡邊公子さんのお話しから、ふらっとカフェ鎌倉は大きく分けて3つの役割をもっているように感じました。

1つ目

『みんなが集まれる場所』としての役割

現在鎌倉市内では8カ所のレストランや施設の協力で毎回場所を変えながら週1回開催されています。

 

大船カトリック教会(鎌倉市大船)、手広公会堂(鎌倉市手広)、みつばち保育園(鎌倉市台)など新たに地域が広がっています。

 

当初からの『小学校の学区内ごとにふらっとカフェを』という目標に向かって進んでいました。

 

また、既に腰越で始められている子ども食堂の団体や、マンション・公団の取り組みとして、ふらっとカフェのやり方を取り入れたいという申し出にも応えてゆくとのことです。

 

2つ目

フードバンク・フードドライブの役割

フードバンクという、食品の収集・保管・配布までの一連の活動を行っています。

また、フードドライブという、一般家庭から食材を集める活動を鎌倉市役所広報課と連携して行っています。集められた食材はふらっとカフェ鎌倉の『つながり』を使ってその行先が決まります。ふらっとカフェで使用する以外でも必要としているところに食材を渡すこともあります。

 

3つ目

地域とのつながりを生む役割

8月に開催されるふらっとカフェがまさにそうなのですが、小さな団体から大きな企業まで、ふらっとカフェとコラボレーションすることで地域の交流が広がっています。

8月1日(水)に開催する予定の【LIFULLHOME'S海の家】とのコラボレーションでは高校生のボランティアが中心となって参加します。

8月9日(木)【まちの保育園】で開催されるのは『かまくら子育て支援グループ』と一緒に。

8月26日(日)【アトリエそらのいろ】で開催されるのは『特定非営利活動法人 アートスタジオかまくらの森』(「アート」を通して障がいのある方々が社会参加を目指している活動団体)とふらっとカフェの「食」とのコラボレーション。

 

『小さな集まりがどんどんつながれば大きな力になることを信じて一歩づつ進んでいます』と渡邊公子さんはおっしゃっていました。

 

ラ・コクシネルの斎藤穣一シェフが本日の料理を説明してくれました

本日のレシピ

最後はふらっとカフェらしく料理のお話をラ・コクシネルの斎藤穣一シェフがしてくれました!

シェフにさなざまな料理への質問が飛び交い、料理や食に関心の高い方たちの協力が、質の高いふらっとカフェの食事を支えているのだと思いました。

 

今回集まった食材を利用して作っていただいた料理は

・サラダ

・素材を活かしシンプルにローズマリー、塩コショウ、オリーブオイルで炒めたジャガイモ

・トマト・キュウリ・ニンジンなどの野菜を一日マリネにしたものをミキサーにかけて作った冷たいスープ、ガスパチョ

・西洋カボチャのローストにくるみ、カリカリベーコンそしてはちみつの入ったソース掛け

・鶏肉のバスク風

・カレイと塩いんげん豆・小松菜に鶏の出汁を加えた料理

・デザートはイートン・メス(イングランドの伝統的なデザート)。グラノーラや柑橘系ゼリー、もぎたてフレッシュなブルーベリーにメレンゲなど季節感がたっぷりと感じられた一皿でした。

 

ふらっとカフェ鎌倉HP

ラ・コクシネルFacebook

 

人気のキーワード