地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、鎌倉・逗子・葉山の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

鎌倉・逗子・葉山の地域情報サイト「まいぷれ」

鎌倉・逗子・葉山 イベント・お出かけ情報 

第6回鎌倉なないろマルシェ レポート

2018年5月20に開催された『第6回鎌倉なないろマルシェ』のイベントに行ってきました。

覚園寺をさらに左手に進むと入口があります。

第6回鎌倉なないろマルシェ  

会場の『レインボーステイ』は覚園寺の山門よりさらに奥に入って行った森に包まれた広い盆地にあります。

 

白い爽やかな洋館にイングリッシュガーデンのような自然と融合した庭園。

 

のどかな中にも神秘的な雰囲気のあるスペースで鎌倉なないろマルシェは開催されています。

 

出店数は約30店。パフォーマーが9組で、その内わずかではありますがご紹介いたします。

 

*出店者さんは公募制のため毎回変わります。

 

なないろマルシェの会場レインボーステイでは、別荘で過ごす休日のように、音楽をたのしんだり、ぼーっとしたり、ワークショップをしたり・・・思い思いのスタイルで皆さん過ごしていました。

zip Dwarfs

古いものや懐かしいものの一部などを使って、新しい機能・新しい価値に作り変えるアップサイクルの商品。

薄い擦りガラスの破片がピアスになりました。

天然の美しさがあります。

MALIKAI DOG JAPAN

動物だって皮膚をいたわってあげましょう。MALIKAI DOG SOAPの石鹸はグアム産ノニ葉で作った超自然派の犬用の石鹸です。

mina.~ handmade accessory

どれも欲しくなってしまい迷っているお客さんが多い人気のお店でした!

形や色の見え方が変化する動きのあるタッセルのピアスは楽しい。

気分によっていろいろ付けかえたい♪

Tohka style 

色とりどりの塩ビのテープを編み込んで作ったエレガントなアクセサリー。

今回は鎌倉の雰囲気と季節に合わせて制作したという、あじさい色や落ち着いたグリーンの組み合わせがとても目を引きました。

男性用のスーツにも合うシックなラペルピンもおしゃれなデザインでした。

アトリエ金久寿(きんくす)

ふんどし屋

履き心地の良さから最近女性でも隠れファンの方が多いのだとか!

くっきー☆はっぴー

おいしそうな消しゴムはんこ。

思わず口に入れたくなるクッキーは樹脂粘土で作ったそうです。

南屋

ひとつひとつ手描きのファインアートな作品。

細部まで見入ってしまいます。

なんの変哲もないグラスも、色とりどりに大変身。まるで舞台に立つ役者のような、情熱的なグラスたちです!

ここ、レインボーステイの竹を鉢にキホウシやシダを植え込んでいます。独特の味わいがあります。

ハーツイーズ

鎌倉市小町で人気のハーブティーやアロマ雑貨のお店が、なないろマルシェに出張!

タイ料理クルアノック

お野菜をふんだんに使った料理を振舞っていらっしゃいました。

ミヤンカム

バイチャップルーという葉っぱにななつの味や食感の違う具材に甘辛いソースを付けたものを撒いて一口でいただきます。

ライブ。

観客も一緒に楽器を使って参加♪

ラテ研究所

アロマストーン。犬・猫・動物の命を助ける団体に寄付金を集めていました。

おかしやのん

栄養士ののんさんが調理工場でワインやビールやウイスキー・日本酒それぞれのお酒に合うおつまみお菓子を作っています。

 

 

輝く自分と出会う場所

鎌倉なないろマルシェは、ライブや朗読、落語などのパフォーマンス。体に優しい食べもの飲み物。ご紹介しきれなかったもっと多くの個性豊かなお店が並びます。

 

レインボーステイに集まる方たちはみなさんフレンドリー!

アットホームな雰囲気が、なないろマルシェの魅力のひとつなのではないでしょうか?

 

 

『いつの日か、自分の好きなものや想いを表現したい』

『これから、自分の作ったもので誰かを幸せにしたい』

『もっと、新しい仲間や一緒にやりたという友人と出会いたい』

輝く自分でいたい!そんな望みが叶いそうな清々しいイベントでした。

 

最も山々が色付く美しい春と秋年2回開催されるなないろマルシェ。

ぜひ次回もお見逃しなく!

 

帰るときには出会いがたくさん生まれているかもしれませんね。

レインボーステイ

住所 鎌倉市二階堂402
電話 0467-25-6963
レインボーステイホームページ http://www.rainbowstay.net/
鎌倉なないろマルシェブログ http://7716marche.blog.fc2.com/